Sponsored Link

ダイエットに良いのは水道水?ペットボトル?ウォーターサーバー?

ダイエットにはどのようなお水が良いのか?

 

こちらでは、「水道水」「ペットボトル」「ウォーターサーバー」について検証しています。

 

それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

水道水のメリット・デメリット

蛇口から出る水

水道水のメリット

 

最も手軽にできる水道水でのお水ダイエット。

 

最大のメリットはお金がかからない点ですね。もちろん水道代はかかりますが、ペットボトルの購入やウォーターサーバーのお水代に比べれば格段に安くすみます。

 

ちまたで言われる安全性の問題ですが、日本の水道水は安全です。

 

水道水の水質基準は、「水道法第4条」に基づいて厚生労働省令によって定められており、その項目数は51にものぼります。

 

それに対し、市販されているミネラルウォーターは「食品衛生法」に基づいて販売されていますが、その基準項目は18個で、水道水の半分以下です。

 

またクリアしなければならない基準の数値も、水道法のほうが低い数値が設定されており、その質・量ともに何倍も厳しくなっています。

 

これは利用者の数を考慮すれば当然のことで、日本の国民ほぼ全てが利用する水は厳格な基準をクリアするものでなければなりません。もし何か問題が起こった時の規模は、たとえ一自治体だけであったとしても、莫大な人数になってしまうからです。

 

「水道水が怖いからミネラルウォーター」、というのはじつは間違いで、安全性という点では水道水のほうが信頼できるのです。

 

水道水のデメリット

 

水道水のデメリットは「塩素」です。

 

水道水の安全性を担保しているのは他ならぬこの「塩素」なのですが、その安全性をキープするためにどうしても塩素濃度が高くなるエリアがあります。

 

先ほどの水道水の安全基準は、各家庭の蛇口から出る水の水質であり、水道局の水ではありません。

 

水は水道管を通っている間に微量ではありますが細菌類が増殖します。ですので、殺菌作用のある塩素を前もって大目に入れておかないと、浄水場から遠いところにある家庭では基準に満たない水が出てしまうからです。

 

このため、浄水場近くの家庭では、必然的に塩素濃度の高い水となってしまいます。

 

この塩素は全くの無害ではありません。

 

特に肌が弱い人などには肌荒れの原因にもなります。

 

しかし、人体に影響がでるほどの濃度ではないため、日本の水道水では塩素消毒が行われているのです。

 

つまり、塩素消毒しない場合の水の危険度と、塩素を使用した場合の水の危険度では、後者のほうがはるかに安全だということです。

 

この意味で日本の水道水は安全だ、と言えるのであり、水道水が全く100%安全だ、とは言えません。

 

また、塩素は臭いがします。

 

塩素濃度が高いとカルキ臭い水となってしまうので、臭いが気になる方は煮沸するか、レモンを入れて飲むと臭いが消えます。


ペットボトルのメリット・デメリット

ペットボトルの水

ペットボトルのメリット

 

ペットボトルのメリットは、水道水ほどではないですが比較的安く入手できること、また好きな水を選べること、などがあげられるでしょう。

 

近年水の需要が高まったことにより、スーパーなどでもいろんな種類の水を買えます。

 

値段も2リットルで100円以下で買えたりするので、水道水ではなくペットボトルを主に使っている方も多いでしょう。

 

また国内のいわゆる「名水」であったり、外国の硬水なども販売されているので、消費者にとっては選択肢が豊富です。味や硬度など、自分に合ったものを探す楽しみもありますね。

 

特に硬水はペットボトルでしか入手できないので、硬水でのダイエットを考えている方は必然的にペットボトルを購入することになります。

 

ペットボトルのデメリット

 

運ぶのが大変です。

 

安売りだからといってまとめ買いすると、かなりの重さになってしまいます。

 

また冷蔵庫で保管するとなると、かなりのスペースを取られることになります。

 

あとは安全性でしょうか。

 

もちろん各メーカーは食品衛生法の基準を満たしていますが、上記水道水のところで述べたとおり、水道水よりはかなりゆるい基準となっています。

 

何をもって「安全」と言うかは人それぞれかもしれませんが、こと水質基準の厳しさ、という点では水道水のほうが安全、と言えるでしょう。


ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーのメリット

 

ウォーターサーバーの売りは、その便利さです。

 

まず重たい水を家まで運んでくれます。ほとんどのウォーターサーバー会社の配送料は無料となっています。

 

また、冷水と温水をすぐに利用できます。

 

お水ダイエットでは冷たい水よりも常温が良い、とされていますので、コップに冷水と温水を半分ずつ入れればよいだけです。

 

次にお水が選べます。

 

ペットボトルほどではありませんが、いろいろなサーバー会社がさまざまな水を取り扱っており、一つの会社でも複数の水を用意していますので、ある程度自分の好みのお水でダイエットができます。

 

こちらの記事「ダイエットに向いているのは硬水?軟水?」でも述べていますが、当サイトのおススメはバナジウム入りのミネラルウォーターです。

 

また、安全性の観点から言うと、基準自体はペットボトルと同じ基準になりますが、各社水質検査の結果や取水地の情報をオープンにしていますので、自分の目で確認することが可能です。

 

サイトを見ればどのような検査をしていて、どれくらいの基準を設けているのかが把握できるのは安心です。

 

ウォーターサーバーのデメリット

 

最もコストがかかるのがウォーターサーバーです。

 

お金をあまりかけたくない、という方には向いていないと思います。

 

サーバー会社によっては月々の最低発注本数、つまりノルマが決められているところもあるので注意が必要です。

 

またサーバーとボトルを置くスペースが必要です。とくにボトルはペットボトル以上にかさばります。

 

ただし最近のサーバーはオシャレでスリムなものが多く、紙のサイズでいえばA3ほどのスペース(雑誌などを見開いたときの大きさ)があれば設置できるものもあります。

 

お水の種類は豊富ですが、軟水または中硬水しか飲めません。硬度300以上の硬水を取り扱っているところは私の調べた限りありませんでした(2015年2月現在)。

 

ウォーターサーバーならお水ダイエットが成功しやすくなる理由とは?

 

ダイエットが成功しやすいウォーターサーバーランキング


お水ダイエットによいのは?

さて、それぞれのメリットとデメリットを見てきましたが、一長一短です。

 

お水ダイエットをするうえで大事なことは、コツコツと続けることです。

 

継続して実行できるかどうかという観点で見た場合は、やはり費用がかからずかつ手軽に実行できる水道水が良いかもしれません。

 

しかし硬水でお水ダイエットをやりたい、という方はペットボトルを購入することになります。

 

また多少費用が掛かってもかまわない、という方ならいろいろと便利なウォーターサーバーのほうが続けられるかもしれません。実際にウォーターサーバーを導入することによって水を飲むことが習慣化した、という方はたくさんおられます。

 

どれを選ぶかは問題ではありません。

 

自分がやりやすいもので確実にコツコツと実行することをおすすめします。

 

【最新記事】

必ず知っておくべきダイエットと血糖値の関係サムネイル

ダイエットをされている方で、血糖値と太りやすさの関係を把握している人は結構少ないようです。
「糖尿病じゃないから血糖値はあまり気にしない」という方は…

⇒続きを読む

水素水でダイエットできるの?サムネイル

TVの通販やネットで、「水素水」という言葉をよく目にされるかと思いますが、どんなお水かご存知でしょうか?
水素水は…

⇒続きを読む

白湯ダイエットはお水ダイエットより効果がある?サムネイル

お水ダイエットによく似たダイエット法に白湯ダイエットがあります。
その効果・効能は、基本的にはお水ダイエットと同じで、これだけで…

⇒続きを読む

必ず知っておくべきダイエットと体温の関係サムネイル

ダイエットをするうえで、体温は非常に重要な要素です。
この重要性を把握すれば、あなたは一気に痩せやすい体…

⇒続きを読む

 

【関連記事】

お水ダイエットのやり方サムネイル

お水ダイエットの一番の魅力は、誰もが実行可能なことです。
なぜならお水を飲むだけだから。
けど、ちょっとしたポイントがあるので…

⇒続きを読む

ダイエットが続かない人がやるべき2つのことサムネイル

ダイエットに限らず、人は何かをし続けることは簡単ではありません。
人が変わろうとするのは並大抵のことではないのです。

⇒続きを読む

ダイエットにいい水サムネイル

当サイトでは再三、自分の好きなお水を、と申しております。
しかし、「やっぱりどれがいいかわからない」という方がおられると思いますので、…

⇒続きを読む

お水ダイエット成功体験サムネイル

お水ダイエットは実際に効果があるのか?またその効果はどれくらいで現れるのか?
気になる方は多いのではないでしょうか。

⇒続きを読む

痩せにくい体と痩せやすい体サムネイル

「食べてないのに痩せられない!」「運動していても体重が減らない!」なんて人は多いと思います。
これにはもちろんいろいろな原因があるのですが、案外簡単に…

⇒続きを読む

バナジウム天然水がダイエットに良い3つの理由サムネイル

バナジウム水がダイエットに良いのには3つの理由があります。
バナジウムはインスリンとよく似た働きをしますが、この働きが3つの効果を生むのです。

⇒続きを読む

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
Sponsored Link